喉が渇いてからじゃ遅い! 小まめに水分補給 塩分含み、飲みやすい温度で
 例年にもまして厳しい暑さが予想される今年の夏。日本特有の湿度の高さは、発汗を妨げ、体温上昇を招くので、熱中症対策が欠かせない。体力づくりに、冷房の効いた部屋を出てスポーツに励みたいところだが、運動中のめまいなどは要注意。最初は軽い症状でも、適切な措置を怠ると、死に至るケースもあるからだ。大切なのは事前の心構えと準備。水分補給や気象のチェックなど、この夏の熱中症予防対策を探った。

 熱中症予防の研究に取り組む、横浜国立大教育人間科学部の田中英登教授(運動生理学)は「スポーツ中は、とにかく水分を取らなければ駄目。喉が渇いたから、では遅い。ナトリウムイオンなどを含んだ水分を、小まめに補給すれば、熱中症は予防できる」と話す。
 熱中症は、高温の環境で、水分や塩分が失われ、体温調節機能が低下したときに起こるさまざまな不調。立ちくらみや頭痛をはじめ、重症になると、気を失ったり、意識障害を起こし、最悪の場合は脳の神経がやられ、死に至ることもある。

体重も点検
夏にスポーツをするなら水分補給が欠かせない  田中教授によると、激しいスポーツで体を動かすと、体温は39度くらいにまで跳ね上がる。一般的に体重の2%程度の汗をかくと“発症注意”の水準になるという。体重が50キロなら、1キロ減の49キロが目安となるので、運動後の体重チェックも有効な対策につながる。
 田中教授は、こうした熱中症に対する正しい知識を踏まえた上で、基本的な熱中症対策として次の3点を挙げる。
 1点目は「飲みやすく、体温が効率的に下がる、5~15度に冷やした水分を、小まめに補給する」。氷のように冷た過ぎても、ごくごくとは飲めないし、ぬる過ぎても「まずい」と感じてしまう。冷蔵庫で冷やしたくらいが適温という。
 2点目は「塩分(ナトリウム)を含んだ水分を補給する」。真水ばかり取ると血中の塩分濃度が下がり、かえって熱けいれんや、悪くすると錯乱など神経症状を引き起こす低ナトリウム血症を発症する恐れがあるからだ。
 3点目は「真夏までに、体を暑さに慣らし、基礎体力をつくっておく」。体力に自信があっても無理をせず、数日間かけて段階的に運動の強度を上げていくなど、厳しい気候に順応する慎重さが必要だ。
我慢は禁物
 一方、運動中に限らず、一人暮らしのお年寄りがかかる熱中症も、発生件数が増えている。高温で風通しの悪い部屋で「クーラーは体に悪い」とひたすら我慢を決め込むのは禁物。扇風機やエアコンを使った室温の調整を心掛けるとともに、冷蔵庫で冷やしたイオン飲料が“命を守る水”となる。
 人間の体は60%が水分で構成されている。夏に失う体の水分の量は、成人で1日当たり約2・5リットル。田中教授は「コップ半分から1杯ほどの水分を、小まめに補給する習慣を身につけることが大切」と訴えている。
今年は猛暑、残暑厳しく 気象予報士「指数を参考に乗り切って」
 梅雨明けから患者が急増する熱中症。気温や湿度など、天候の変化を注意深く把握し、体調管理することが酷暑を乗り切るコツだ。それでは、気になるこの夏の天候は、どうか。
 日本気象協会所属の気象予報士、小笠原範光さんは「一口で言って、猛暑。長くて暑い夏になりそうだ」と話す。
 赤道付近の海域の温度が高く、夏の暑さをもたらす太平洋高気圧の勢力が、例年より強いのが特徴。沖縄が平年より9日早く梅雨明けしたように梅雨明けの時期が早まり、9月に入ってからも、しばらくは残暑の厳しさが続くという。
 同協会では、熱中症になりやすい天候状況を地域別に「危険」「厳重警戒」「警戒」など5段階で示した「熱中症指数」を、ホームページ(http://tenki.jp/)上で公開。「夏を無事に乗り切る参考にしてほしい」と呼び掛けている。

マラソンで熱中症経験 増田明美さん 暑さ対策の必要性痛感
増田明美さん 企業のオフィス戦略に詳しい日本アプライドリサーチ研究所の山村俊弘社長に、最近の動向を聞いた。
  

 元五輪女子マラソン代表で、スポーツジャーナリストとして活躍する増田明美さん(49)に、自身の体験を踏まえて熱中症予防対策を聞いた。

 -熱中症の経験は。
 「6年前、ハワイのマウイマラソンに出場したとき、ラスト2キロで、体が固まってくる感じがしました。それでも何とかゴールしたとき、うれしくて万歳したら、上げた腕が戻らなくなってしまいました。ゴールタイムは4時間45分とスローペースで、無理はしていませんでした」
 -原因は。
 「5キロごとにある給水ポイントで、ナトリウムの入った飲料のコップが少なくて、水ばかり飲んでいました。ナトリウム不足に陥ったんだと思います」
 -暑さ対策は。
 「サンバイザーはかぶっていましたが、脳天や後頭部は守れなかった。熱中症対策としては、頭から首まで守れるような帽子の方がよかった」
 -救急の手当ては。
 「車椅子で救護所へ運ばれ、すぐに点滴を打ってもらいました。そうしたら、ものの20秒ほどで痛みが取れ、体が自由に動くようになりました。水分だけでなく塩分の補給をしっかりすることと、暑さから身を守る工夫が、絶対に必要だと痛感しました」
 -スポーツをする人にアドバイスを。
 「日本人には真面目な人が多いが、暑いときには我慢や無理をしないことが大切です」

 ますだ・あけみ 1984年のロサンゼルス五輪女子マラソンに出場。92年に引退後は、マラソン解説など幅広く活躍している。大阪芸大教授。千葉県出身。