お大事に
活性酸素にも「善玉」「悪玉」 低すぎても悪影響 インスリンが効きにくく
金大医薬保健研究域医学系恒常性制御学グループ(内分泌・代謝内科)、篁俊成准教授

 糖尿病の原因の一つで、人体に悪影響を与えるとされる物質「活性酸素」が、逆に体内に少なすぎても、糖尿病を悪化させる可能性があると、金大医薬保健研究域医学系の恒常性制御学グループが発表した。老化の原因とされ、健康や美容の大敵として扱われてきた活性酸素にも「悪玉」と「善玉」があることを示唆する研究となっている。研究に携わった篁俊成(たかむらとしなり)准教授、御簾博文(みすひろふみ)特任助教に聞いた。
 活性酸素は酸素が他の原子などと結びつき、他の物質を酸化させやすい状態に変化したものを指す。いくつかの種類があり、体内ではDNAやタンパク質を酸化させることで細胞にダメージを与える。
 また、細胞内のミトコンドリアから発生する活性酸素は、インスリンを効きにくくしたり、血管障害を起こすことで、2型糖尿病の原因となっていることがわかっている。
 そのため、サプリメントなどでは、活性酸素を除去する「抗酸化作用」をうたうものが多く見られる。活性酸素を除去することで、健康を守り、老化を防ぐアンチエイジング効果がある、というのが、謳(うた)い文句だ。
 一方で、大規模な統計調査などでは、抗酸化物質の効果に疑問を投げかける結果も出ていた。篁准教授は「今回の結果は、こうした研究を説明できる可能性がある」と話す。
 実験はマウス由来の人工的に培養した肝細胞を使用した。活性酸素の一つである過酸化水素水や、抗酸化剤を投与し、インスリンの効き具合を調べた。活性酸素の濃度が高い場合と、抗酸化剤によって濃度が極端に低い場合、双方でインスリンの作用が弱まった。
 「高濃度の活性酸素が、インスリンの効きを弱くすることはわかっていましたが、活性酸素が低すぎても、インスリンの効果が低くなることがわかったのです」(御簾助教)。
 仕組みはこうだ。活性酸素には害だけでなく、インスリンの効きを弱める物質の働きを打ち消す効果がある。この効果は、活性酸素が低い濃度のうちから発揮される。そのため、低濃度では、活性酸素が0に近いような状態よりも、インスリンが効くようになる。
 しかし、高濃度になると、今度は活性酸素が、また別のインスリンの効きを弱める物質を活性化させてしまい、再びインスリンが効きにくくなるのだ。
 御簾助教は「活性酸素もその発生源や濃度から、“善玉”や“悪玉”があると言える」と話す。食事や運動で発生するような、低濃度の活性酸素は糖尿病に対して好影響を与える。しかし、脂肪酸や喫煙で発生する高濃度の活性酸素は、悪影響となるという。
サプリにも注意

 研究からは抗酸化サプリメントも、安易に使用すると、かえって逆効果である可能性が出てきた。
 “善玉”の活性酸素だけを残すような薬は、開発できないのか。「活性酸素が好影響を与えた濃度と、悪影響を与えた濃度は、5倍ほどの違いでした。これは非常にわずかな差で、既存の抗酸化剤のような、活性酸素をただ除去する方法では難しい」そうだ。細胞内の活性酸素を適正な濃度に保つような、新しいメカニズムを持った薬剤が必要となるそうだ。
 「なにごとも“過ぎたるは及ばざるがごとし”。もともと活性酸素は体内の情報伝達や異物の排除にも使われている人体に必要な物質。抗酸化剤の過剰な摂取は避けるべき」と篁准教授は語った。(おわり)